雨漏り

雨漏りの修理で失敗しない方法や知っておきたいポイント・修理してくれるリフォーム業者・工務店を詳しくまとめています。

雨漏り 港区

雨漏りは早めに対処しないと、家も傷むし修理費用もどんどん高くなります。

でも雨漏りしてもらう業者を探そうとしても、

『手抜き工事をされそうで怖い』
『費用がいくらかかるのか不安・・・』

という不安要素があって、なかなか踏み出せなかったです。

リフォーム業界って悪質業者も多いって聞くので、よけいに勇気がいりました。


近くの工務店に依頼するのも考えたけど、出来るだけ安く済ませたかったので色々調べました。

そこでこの記事では、雨漏りのリフォームをする上で大切なポイントと東京都港区で見つけたリフォーム業者をまとめています。



1.港区で見つけたリフォーム業者・工務店11選

まずは港区にあるリフォーム業者・工務店を探してみたので、ここにまとめていきます。

ただ詳しくは調べられていないので、ハッキリ言って見ても時間のムダになるかもです・・・。

有限会社ベックトータルメンテナンス

周辺マップをタップで見る

住所東京都港区三田5丁目7-8-1318
最寄り駅白金高輪駅田町駅
TEL03-5765-5588
公式サイトhttp://bec-tm.com/
関連サイトhttps://itp.ne.jp/info/139125505163050390/

水道屋・トイレのつまり修理サービスおたすけステーション365・中央区三越前駅前・馬喰横山駅前・人形町駅前・水天宮前・受付センター

周辺マップをタップで見る

住所東京都港区西新橋2丁目4-12
最寄り駅虎ノ門駅虎ノ門ヒルズ
TEL0120-008672
公式サイトhttp://otasuke-station.com/water/
関連サイトhttps://itp.ne.jp/info/130001035152881970/

水道屋・トイレのつまり修理サービスおたすけステーション365・港区・品川駅前・泉岳寺駅前・白金高輪駅前・白金台駅前・受付センター

周辺マップをタップで見る

住所東京都港区芝公園1丁目1-11
最寄り駅御成門駅・大門駅
TEL0120-009353
公式サイトhttp://otasuke-station.com/water/
関連サイトhttps://itp.ne.jp/info/520000131768260001/

関東ポリルーフ工業会

周辺マップをタップで見る

住所東京都港区三田3丁目1-9-5F
最寄り駅田町駅三田駅
TEL03-5484-3060
公式サイトhttp://www.sowa-chem.co.jp/polyroof
関連サイトhttps://itp.ne.jp/info/135229986100000899/
5件目~11件目をタップで見る

雨漏り・屋根修理のライフドクター24

周辺マップをタップで見る

住所東京都港区芝浦4丁目22-1
最寄り駅芝浦ふ頭駅田町駅
TEL03-3457-0544
公式サイト不明
関連サイトhttps://itp.ne.jp/info/520000066915190001/

雨漏り・屋根修理のライフドクター24

周辺マップをタップで見る

住所東京都港区東麻布1丁目24-4
最寄り駅赤羽橋駅芝公園駅
TEL03-3584-5266
公式サイト不明
関連サイトhttps://itp.ne.jp/info/520000071972030001/

雨漏り・屋根修理のライフドクター24

周辺マップをタップで見る

住所東京都港区白金台5丁目13-26
最寄り駅白金台駅・目黒駅
TEL03-3473-5180
公式サイト不明
関連サイトhttps://itp.ne.jp/info/520000071974640001/

久野屋

周辺マップをタップで見る

住所東京都港区南麻布2丁目5-20-701
最寄り駅麻布十番駅白金高輪駅
TEL0120-771022
公式サイト不明
関連サイトhttps://itp.ne.jp/info/510000000000076516/

株式会社朝日リビング・品川営業所

周辺マップをタップで見る

住所東京都港区港南2丁目16-4
最寄り駅品川駅・北品川駅
TEL03-5462-9222
公式サイト不明
関連サイトhttps://itp.ne.jp/info/131210422180460780/

株式会社リープ東京支店

周辺マップをタップで見る

住所東京都港区新橋2丁目13-8
最寄り駅新橋駅・内幸町駅
TEL03-6205-7442
公式サイト不明
関連サイトhttps://itp.ne.jp/info/132260520188870730/

株式会社正興

周辺マップをタップで見る

住所東京都港区赤坂9丁目1-7-246
最寄り駅六本木駅乃木坂駅
TEL03-3405-2971
公式サイト不明
関連サイトhttps://itp.ne.jp/info/133201813111142000/

まとめてはみましたが、やっぱり自力で良い業者を見つけるのは難しいですね・・・。


2.良い業者を見つけるための方法2つ

良い業者を見つけるために大切なのは、

1.相見積もりをする
2.比較サイトを利用する

この2つです。


業者AとBに相見積もりをすれば、

・業者A:40万円
・業者B:15万円

このように費用が違っていればすぐ気付けます。

でも、安くても手抜きされたら意味がありません

もしかしたら40万円が適正価格かもしれませんが、私たちには相場が分からないので判断が難しいんです。


なので私は、「生活110番」っていう比較サイトを使いました。

この「生活110番」は草刈り業者を探すのに使ったことがあったので、個人的に安心感がありました。


このサービスには全国にある様々な業者が加入していて、申込み内容に合わせて業者を紹介してくれます。

そして業者が加入しているということは、加入時の審査もしているはずです。

そうじゃないと、

「生活110番を使ったらひどい業者が来た」
「生活110番は使わない方がいい」

と悪い評判が広がってしまうからです。


こうならないように、加入時の審査はしているはずです。

だから、「生活110番」を経由して業者を紹介してもらった方が良い業者に出会える可能性が高いです。


もしかすると、利用者からの評判が悪ければ除名する制度もあるかも?

近くの業者を適当に選ぶぐらいなら、こちらを利用した方が無難です。

比較サイトはこちら
生活110番


3.雨漏り修理費用をグッと抑える方法

ちょっと番外編ですけど、修理費用を抑える方法もまとめておきます。

まず雨漏りの修理費用は、

・軽度の場合:5万円~30万円
・重度の場合:60万円~200万円

これぐらいが相場です。


30万ぐらいならまだマシとはいえ、雨漏りのリフォームにかかる費用は小さな金額ではないです。

ただ火災保険を適用できれば費用を抑えることも出来ます。

だから、火災保険を保険会社に適用してもらう事が大切です。


『火災保険』というと、火事になったときしか利用できないイメージがありました。

でも火災保険は、火災だけじゃなく風災・水災・雪災・落雷・盗難・破損・衝突などなど、かなり広い範囲をカバーしてるんだとか。

だから、雨漏りにも適用することが出来ます。

例えば、

・強い風で瓦がズレた
・台風で物が飛んできた物
・屋根に雪が積もった

こういう事があって雨漏りになったら、風災や雪災なので火災保険が適用されます。


そして保険会社が承諾すれば、100万円以上の保険金が下りる可能性もあります。

これなら雨漏りの修理費用が抑えられるどころか、実質0円でリフォーム出来る可能性もあります。

お財布的にかなり助かりますね。


ただ問題もあります。

そもそも保険会社や代理店は、保険金を支払いたがりません。

だから、

・そもそも保険を適用してくれない
・本来よりも少額しか保険金が下りない

こういう可能性もあります。

言い方は悪いですけど、素人相手なら何とでも言いくるめる事が出来るんでしょうね。


Twitterで調べてみると、火災保険が適用された方もいれば適用されなかった方もいました。

場合によっては、本来250万円ほど保険金が下りるはずなのに最初は30万円で提示されるケースもあるとか。


なんとも曖昧な部分ですね。

だから保険金をきちんと支払ってもらうには、それなりに知識を身につけないとダメです。

9割の方が火災保険の補助金を受取っていないってデータもあるとか・・・。


とはいえ自力で勉強するのも大変そう・・・。

そこで、私は「保険申請の窓口」を利用しました。

さすがに、

・火災保険を適用するために「保険申請の窓口」
・良い業者を探すために「生活110番

こういう風に2つもサービスを利用するのは、正直面倒です。

でも、適当にやってしまったら何十万円も損するかも・・・と思うと、しっかりやろうと思いました。


「保険相談の窓口」は、所有している一軒家やアパート・店舗などに火災保険が適用できるかを調べてくれる業者です。

調べた上で、火災保険が適用できると判断したら申請用書類を作成してくれます。


料金については、

・保険金が納付されたら50%を支払う
・保険金が納付されない場合は0円

こんな感じで、火災保険が適用できない場合は料金も発生しません。

確かにこういう料金設定じゃないと、不安でなかなか利用できませんよね。

ちなみに、申請用書類を保険会社に送ってから大体40日でお金が振り込まれるそうです。


このサービスを利用する流れは、

1.無料調査依頼をする
2.専門家に現地調査をしてもらう
3.火災保険が適用されそうなら契約する
4.書類を作成してもらい火災保険の申請をする

こんな感じでした。

これなら私たちでも火災保険の保険金が貰える可能性はグッと高まるので、雨漏りを修理する費用を抑えることが出来ます。


ちなみに「保険申請の窓口」は、100人中95人が平均193万円を受取っているそうです。

火災保険の保険料は10年で30万円ぐらいするので、有効活用しないともったいないですね。


4.雨漏りの修理に関するQ&A

最後は雨漏りの修理について、当時私が分からなくて調べたことを色々まとめておきます。


信頼できる業者かどうかを確かめるポイントは?

リフォーム業界には手抜きをしたりボッタクリ価格を提示してくる悪質な業者もあります。

そんなことをされるぐらいなら、少し高くても信頼できる業者に頼みたいですね。

私も失敗したくなかったので色んな本で調べてみると、

・調査報告書を出してくれるか
・原因の特定までしてくれるか
・契約書が具体的で分かりやすいか

この3つが大切なポイントだそうです。


雨漏りの修理って書面ではなく口頭だけで進むケースが多いらしいですけど、絶対に書面に残しましょう。

現地調査で分かったことは書面で出してもらいます。

それによって雨漏りしている原因をハッキリと特定してくれる業者が、信頼できる業者だと本に書かれていました。

万が一、

『たぶんこれが原因だと思います。』

と言われて工事したのに、違うところが原因だったら工事するだけムダですからね。


もちろん契約書もきちんと出して貰います。

契約書がないと、

『もともとお願いしてたのに聞いてないと言われた…』

とかで追加料金を請求されるトラブルも多いんだとか。

その上で、具体的で分かりやすい契約書を出してくれる所を選びましょう。

「一式」とかでまとめるんじゃなくて、足場代とか塗料代とか具体的な項目まで分けて書かれていれば分かりやすいと思います。



工事にはどれぐらいかかる?

一口に雨漏りの修理とはいっても、状態によってかなり内容・費用が変わります。

軽い雨漏りなら、屋根材の差し替えをしたり漆喰・雨樋を修理するぐらいです。

なので業者に依頼しても5万円~10万円もあれば足ります。


ただ足場を組んで屋根の修理をする場合は、20万円~30万円ほどかかるケースも多いです。

そして状態がひどい場合は、屋根や外壁を塗装したり今の屋根材を全て取り替える葺き替え作業が必要です。

この場合は使用する塗料・屋根材によって60万円~200万円ほどかかるケースもあります。

さらにシロアリが発生している場合はその駆除費用もかかりますし、すでにシロアリにやられた部分を直す工事を行う場合はさらに追加費用がかかります。



雨漏りしている場所はどうやって調査する?

雨漏りの調査方法は、

・目視
・散水調査
・蛍光塗料調査
・赤外線カメラ調査

この4種類です。


目視はもっとも一般的な調査方法ですが、これだけで場所を特定できないこともあります。

散水調査は水を使って雨漏りする原因となる侵入部分を特定する方法で、この方法で調査するのが主流となっています。

そして蛍光塗料調査は発光塗料を混ぜた水(検査液)を雨漏りしていると思われる場所に流し込み、紫外線を当てて場所を調査する方法です。

そして赤外線カメラ調査は、撮影した部分の温度が分かるサーモグラフィを使って雨水が流れている部分を特定する方法です。

このように修理業者によって調査方法が違いますし、調査による費用も違うので事前に確認しておきましょう。



雨漏りを放置するとどうなる?

雨漏りを放置してしまうと、

1.カビによるアレルギー/病気の可能性がある
2.シロアリによる木材の腐食が起きる
3.修理費用が100万円以上も高くなる
4.漏電による感電・火災の可能性がある

こういうデメリットがあります。


カビによって気管支喘息アレルギー性鼻炎などになる可能性もありますし、人間だけではなくペットにも悪影響があります。

そしてシロアリはコンクリートでも穴を開けて建物内部に侵入できるので、鉄筋コンクリート造の建物でも安心出来ません。



さらに、雨漏りが続くと屋根を全て取り替える葺き替え作業や外壁塗装が必要になるなど大がかりな工事になります。

雨漏りが軽度であれば5万~20万円ほどで済む工事ですが、屋根などを取り替える場合は200万円以上かかるケースも多いです。


また雨漏りで電気配線・コードにある絶縁体の隙間に雨水が入り込むと、漏電という現象が起きます。

漏電が起きると家電が故障したり停電が起きたり、電気料金が急激に高くなる可能性が高いです。


さらに漏電による感電・火災が起きる可能性もあるので、かなり注意が必要です。

・建物の金属部分に触るとピリっとする
・雨が降ると停電する
・漏電ブレーカーが落ちる
・電気代が急激に高くなった

など何か不安なことがあれば、すぐ電気保安協会に連絡しましょう。


比較サイトはこちら
生活110番